Ladies World Championship

FIDEのthe 2018 Women’s World Championship
は、中国のJu Wenjunさんがチャンピオンの座を守りました。
今回は、64名による戦いで、チャンピオンも一回戦から戦い勝ち進む方式です。

ICCFのLadies World Championship は大体3年に1回、予選(準決勝)-決勝という流れで進んでいきます。

前チャンピオンは、決勝に直接参加できる権利はありますが、matchという挑戦者との対抗ではなく、

予選(準決勝)を勝ち抜いた上位陣+決勝進出の資格者合わせて11名で競っていきます。

予選(準決勝)は各国からのエントリーで、11名1組で競っていきます。

12期は3組が成立しています。

決勝は、11期で、Rumbauskienė, Vilma (2327)さんが今のところ1位です。

https://www.iccf.com/event?id=71947

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください