Eメールチェスの指し方

Eメール対局では指し手を次のように対局相手に伝えます。

Eメール対局の要領
インターネットでチェスを指す……というと、長時間パソコンに向かってリアルタイムで、つまりオンラインで指す方も多いようですが、環境の違うもの同士でも手軽に対局できる、Eメールを使った通信チェスも親しまれています。

Eメールチェスは、ルールが少々異なるだけで郵便チェスと基本的には変わりません。はがきや封書を使う代わりに、Eメールで送受信します。(ですから、もし通信チェスが初めてなら、Eメールチェスについて知る前に「郵便チェスの指し方」を一読するのがよいでしょう)

まず「Email対局のルール」でルールの概要を理解して下さい

JCCAのEメール対局はこのルールで行われますが、基本的には郵便対局と変わりません。郵便対局とEメール(ともに国内対局)の違いの大要は次の通りです。ご参考までに。

※国際対局では原則Eメールが中心となる対局はありません。

◎ ルールの主な異同と特徴

受信日は到着の翌日まで。
例えば、5月5日に自分のメールサーバに届いたEメールは、5月6日までに受け取らなければなりません(実際に開くのはずっと後でもかまいませんが、記録は6日に受け取ったものとして扱わねばなりません)。
なお、もし、受信者の地域時の午後8時より前に手が到着した場合、その日に到着したとみなす。もし、受信者の地域時の午後8時より後に手が到着した場合、その翌日に到着したとみなすことができるとルールにはなっています。
相手が2日以上とした場合は、 TD(トーナメント・ディレクター)に連絡して、相手がルールに従うようTDに指示してもらうことができます。ただ、Eメールの延着はたまに起こります。まれには不着も。相手がルールに反しているのか実際にEメールが遅れたのか、慎重に判断する必要があります。
郵便との類推でいうと、メールサーバにEメールが到着した日は自分の家の郵便受けにはがきが着いた日、メーラーなどでそのEメールを開くのはポストからはがきを取ってきて見ること。

指し手の送信のさいには、1手目から全部の指し手を書かなければなりません。Eメールではコピー&ペーストが使えますから容易なことです。

スピードを重視していますが、持ち時間(消費日数)は郵便と同じ10手30日あります。

休暇は郵便対局と同じようにとることができます。

表記法(指し手=棋譜の書き方)は郵便対局と同じ代数式を用い、駒記号も同じ (KQRBN) です(国際対局では主に数字式を用います)。

◎ では実際の対局の様子を見てみましょう。
仮に、Eメール予選トーナメント第600組、丸山氏と角川氏との対局とします。
=======================================
差出人: maruyamai@some.domain.or.jp
件名: Email Prelim 600
日時: 2009年9月11日 17:37:14:JST
宛先: kadkweij@another.domain.com
—————————————
角川さん、はじめまして。よろしくお願いします。
もしイベント名やお名前などに間違いがあればお知らせ願います。

A局
[Event “Email Prelim 500”]
[Site “JCCA”]
[Date “2009.09.15”]
[Round “-“]
[White “Maruyama, Iseki”]
[Black “Kadokawa, Eiji”]
[Result “*”]
[WhiteJCCA “1652”]
[BlackJCCA “1580”]

1. e4 *

白:丸山(——–/20090911 -日/-日)
黒:角川(——–/——– -日/-日)

B局
1. *
白:角川(——–/——– -日/-日)
黒:丸山(——–/——– -日/-日)
____________________________
maruyaman@some.domain.or.jp
丸山 伊勢樹
=======================================
差出人: kadkweij@another.domain.com
件名: Re: Email Prelim 600
日時: 2009年9月12日 17:37:14:JST
宛先: maruyamai@some.domain.or.jp
—————————————
丸山様、
こちらこそよろしくお願いします。

MARUYAMA – Kadokawa
1. e4 e5

–.– 09.11 0 0 white
rcvd sent time total
09.11 09.12 (1) 0 black

Kadokawa – MARUYAMA
1. d4

–.– 09.12 0 0 white
rcvd sent time total
–.– –.– 0 0 black

なお、イベントや名前に間違いはありません。

////////////////////////////
kadkweij@another.domain.com
角川 英二
////////////////////////////
=======================================

丸山さんはゲーム開始にあたり、報告書で使うPGNのヘッダーを使って間違いがないか確認しようとしています。ルールではありませんが良い方法かもしれません。

丸山さんはPGNで使う「 * 」を使い、最後の指し手がどれかわかりやすくしています。これもルールではありませんが、郵便チェスで最後の指し手にアンダーラインする習慣に代わるものとして有効でしょう。

丸山さんは「A局」、「B局」として二つのゲームを区別しています。角川さんは“MARUYAMA – Kadokawa”、“Kadokawa – MARUYAMA”としています。明確であればどのようでもかまいません。

この予選トーナメントはダブルラウンドロビンです。二人とも1通のEメールに2局を記載しています。これもルールではありませんが郵便チェスの習慣を受け継いでいます。

二人の受信日や発信日、消費日数の書き方が違います。様式が決まってないので明確であればOKです。

なお、Eメールは HTMLメールではなく plain text にしましょう。HTMLメールは環境の違う人には読みにくいことがあります。またメールのサイズが大きくなって少しばかり不経済ですし、ウィルスが潜む危険もあるそうです。

相手のEメールに返信を続けることになりますが「引用」にすると、ときとして大変見づらくなります。引用のレベルはゼロにしましょう(「引用」ではないようにしましょう)。

2015年10月26日 | カテゴリー :

ウェブチェスの指し方

ウェブチェスではウェブサーバー上の盤面で駒を動かします。
ウェブサーバー対局を始めるのが不安な人のための ICCF WebChess 簡略操作ガイド
※詳しい日本語のマニュアルは、以下にあります。

通信チェスWeb対局操作マニュアル

 

〈ウェブチェスは、国内対局もICCFのサーバーをレンタルして行われています〉

トーナメントに申し込んでしばらくすると、スタートリストがEメールで送られてきます。 そこにあなたのICCF IDとパスワードが書かれています。

ICCF Webchessのホームページwww.iccf.com に行きます。
画面左上の Login をクリック。(スマートフォンだと、画面の上部のHomeのリストボックスから選択します。)
ログイン画面で、ICCF ID とパスワードを入力し、Loginボタンをクリック。
(初めてのログインの場合、パスワード変更画面になります。ここで古いパスワードを入力し、次に New password と Retype new password のところに、あなたの好みのパスワード[8文字以上で数字を含める]を入力し、Change Passwordボタンをクリック)

つぎは、メニュー画面左の My Game をクリック。
あなたの進行中のゲームの一覧表が表示されます。
この表左で、waitingと書いてあるものは、あなたの相手が考えている最中であることを示します。
Your turn と書いてあるのが、あなたの手番であるゲームです。 Your turn をクリックすると、ゲーム画面に行きます。
ここで、駒をドラッグ&ドロップで動かします(それだけでは手は相手に送られません)。
動かしたあと、その手をやめることにしたら、Undoボタンをクリック。
それでよいと思ったら、Submitボタンをクリック。
確認画面になります。

・ドローを申し出る場合は Offer draw にチェックを入れて、Submitボタンをクリック。

・リザインする場合は Resign にチェックを入れて、Submitボタンをクリック。
確認画面で Commitボタンをクリックすると、手が送信されます。

◎ 休暇をとりたい場合
ゲーム画面上の Event の部分をクリックし、Take leave をクリック。
休暇申請画面になります。
休暇の初日をStart dateの欄に、最終日をEnd dateの欄に、それぞれ書き込みます(画面下のカレンダー中の日をクリックすることで休暇期間を指定することもできます)。
Take leaveボタンをクリック。

◎ 相手が時間切れになった場合
相手の残り時間かがマイナスで表示されます。
ゲーム画面下には ‘Your opponent’s flag fell. Use the menu item “Claim win” in the “Game” menu to claim a win.’ などと表示されているでしょう。
郵便対局やEメール対局同様、相手が時間切れになっても直ちにゲームが終了するわけではなく、TDに勝ちの申し立てをしなければなりません。
ウェブ対局では手続きは簡単です(他の通信方法での場合はそれぞれのルールを参照してください)。
ゲーム画面上の Game の部分をクリックし、Clim win をクリック。
いつも使っているメールソフトの新規メール作成になりますから、TD宛に相手時間切れによる旨を書きます。
上のメッセージに倣って “My opponent’s flag fell.” とでもすればよいでしょう。

◎ TDへの連絡(トラブル時、など) ゲーム画面上の Email の部分をクリックし、Email TD をクリック。そしてTD宛の文面を書きます。

◎ TDの決定に不満があるとき(国際戦の場合、国内戦は、トーナメントオフィスにメールです。)
ゲーム画面上の Email の部分をクリックし、Email AC をクリック。そしてthe Appeals Commission 宛の文面を書きます(感情的な文を書かないように注意。状況と主張を冷静に書きましょう)。
※国内トーナメントの場合は、トーナメントオフィス当てに電子メールを送付します。

自動送信のEメールについて 手が指されるとシステムが自動的にEメールを発信します(送られてこない設定もできます)。
サーバーなどのトラブルで対局相手が指してもEメールが届かないことがあり得ます。
Eメール未着を時間切れなどのいい訳にはできません。
ゲーム中はEメールがなくても定期的にチェックするようにしましょう。

2015年10月26日 | カテゴリー :

予選トーナメントにおける次位者特例

予選トーナメントにおける次位者特例

決勝参加有資格者が参加する予選トーナメントにおいて、50%以上の勝率を上げ決勝参加有資格者以外の最上位となった者に決勝トーナメントに進出する資格を付与する。

この特例に該当するときはトーナメント開始までにその旨明示する。

(これは、昇級トーナメント(第1、第2クラス)を休止した現在、既に決勝参加資格を有する者がゲームをするには予選に出場せざるを得ないためである)

施行: 2009-05-01以降開始の予選トーナメント

決勝トーナメント参加資格の付与時期と有効期限

決勝トーナメント参加資格の付与時期と有効期限

予選1位による決勝参加資格の付与は、トーナメント終了時点とする。

決勝参加資格の有効期限は、資格取得以降の2期までとする。(ICCFのマスター資格、JCCAのチャンピオン資格者は、いつでもどの種別にも参加できる。)

施行: 2010-03-01

トーナメント・プライズ

トーナメント・プライズ

予選トーナメントの優勝者に 3 pawn の副賞を与えます。

単独優勝者には 3 pawn、同率首位2名の場合は 1 pawn ずつ、3名の場合は 1 pawn ずつを付与。

副賞は順位が確定したときに、賞状はトーナメント終了時に付与します。

施行: 2007-01-01以降開始の予選トーナメント、修正: 2012-04-01

国内トーナメント休止の規定

国内トーナメント休止の規定

決勝及び予選以外の各トーナメントの各通信手段ごとに、6か月間申し込みがない場合、新規開始を停止する場合がある。

2010-02-20より施行

昇級トーナメント休止・予選トーナメントに一本化

昇級トーナメント休止・予選トーナメントに一本化

郵便チェス・Eメールチェスとも昇級トーナメントを休止し、郵便チェス・Eメールチェス別に予選トーナメントに一本化します。予選Tのトーナメント形式は、昇級Tと同じで、4人1組、同一人と白黒各1局、合計6局のダブル・ラウンド・ロビンです。

すでに開始している昇級Tはトーナメント名はそのままですが、第1クラス・第2クラスにかかわらず、予選Tとみなします。なお、JPCAとして開始された第2クラスは予選Tとはみなしません。

予選Tの単独1位者および同率1位で勝率70%以上の者は決勝トーナメントの参加資格を得ることになります。決勝Tの優勝者が決定してからおおむね1年以内(参加資格者が5名未満なら揃い次第)に次期の決勝Tを開催します。予選T1位による決勝T参加資格は次々回以降に持ち越すことはできません。

なお決勝トーナメン参加資格は予選を勝ち抜く他に、
1)前回出場の決勝トーナメントで50%以上の勝率を上げた者(郵便、Eメール、ウェブ別。詳しくは”トーナメント案内“を参照)、
2)ICCFタイトル保持者および過去の決勝トーナメント優勝者(すべての決勝トーナメントに参加可能)
に与えられます。

施行: 2006-08-01

レイティング計算期間について

レイティングの計算期間は以下の通りとします。

10-12月結果 1月締切 2月計算 4-6月適用レイティング
1-3月結果 4月締切 5月計算 7-9月適用レイティング
4-6月結果 7月締切 8月計算 10-12月適用レイティング
7-9月結果 10月締切 11月計算 1-3月適用レイティング

施行:2008-03-22