ICCF Veterans World Cup 8 Semi-finals

ICCF Veterans World Cup 8 Semi-finals が5月14日より開始しました。

https://www.iccf.com/message?message=1044

満60歳以上の予選から勝ち上がった人や予選を飛ばして準決勝に参加できる資格の人も含めて約15人一組の計8組で約2年間対局していきます。

国別ではドイツが23名、ロシアが12名、イギリスが11名、他32ケ国のプレイヤーが参加しています。

準決勝の1位は100ユーロ、2位は50ユーロの賞金が付与されます。1位の人は決勝進出です。

日本からは予選を勝ち上がった二名、富澤尊儀さんとSchmidt, Loren R.さんが参加しています。

二方の健闘を祈りましょう。

 

 

ICCF World Cup 21 (webserver) Semifinals

ICCF World Cup 21 (webserver) Semifinalsの案内がありました。

ICCF World Cup 21 (webserver) Semifinalsでは、6月30日から始まります。9から13人が一組となって対局する試合です。

ICCF World Cup 21 (webserver)の予選を1位、2位で勝ち上がった人か、準決勝から参加資格を満たして参加する形の人で参加者は構成されます。

時間については、初回30日で1手指すごとに3日増えるルールになっています。通常のル―ルとは違います。

準決勝1位の人が決勝に参加できます。

なお、決勝の1位から3位の人にはメダルと賞金が渡されます。1位は、1000ユーロです。

Open International des 80 ans de l’AJEC

Open International des 80 ans de l’AJEC
国際オープントーナメントは、ICCF本体だけではなく、ICCF加盟国で主催することもあります。

このオープントーナメントは、予選、決勝または予選、準決勝、決勝のいずれかの形式に参加者でなる予定で、参加料は10ユーロです。各国の国別組織を経由して振込ではなく、Paypalや直接フランスの指定銀行の口座に振り込む形です。

予選は最大15人一組、決勝は最大13人の対局です。1ゲーム150日の対局期限で決勝は200日なので、時間切れを注意して対局することになるトーナメントです、基本時間切れは負けになるトーナメントです。

賞金は、1位700ユーロ、2位500ユーロ、3位は300ユーロです。

参加してみたい方は、ICCFのIDを取得し、直接申し込んでみましょう。

WebChess Open開始 

5th WebChess Open Finalと6th Webchess Open Semi Finalsがに始まりました。5th WebChess Open Finalは、13名、6th Webchess Open Semi Finalsは156名のICCFのプレイヤーが参加しています。

既に 7th WebChess Openの予選は始まっており、日本からは、6名が参加しています。。7th WebChess Open Finalは、大体2年後の2019年に開始ですが、一人でも勝ち上がってほしいです。

 

6th NAPZ Championship始まる

6th NAPZ Championship
https://www.iccf.com/event?id=63863

が1017年1月31日より開始します。

日本の所属する環太平洋ゾーン(NAPZ)のチャンピオンを決定する試合の決勝です。

各国のチャンピオンや環太平洋ゾーンのマスタークラス予選を勝ち抜いた人など17名により対局がされます。

日本からは、SIM富澤尊儀さんが参加されます。

一位と二位は、世界選手権の準決勝の参加資格を得ます。

一般の人は、それぞれのゲームが終了した場合にゲームの棋譜を画面で見ることができます。

富澤さんはNorth America/Pacific Championship 4でも優勝していますので、活躍を応援しましょう。

7th WebChess Open

7th WebChess Openの案内がICCFよりありました。

参加者の制限のない国際トーナメントの一つがWebChess Openです。

始めてICCFトーナメントに参加する人が参加しやすいように、始めてICCFトーナメントに参加する人の1回目であれば、このトーナメントは参加料は無料となります。2回目は有料となりました。

ICCF のWebサーバーを利用した対局で、予選、準決勝、決勝の三段階で、まず予選から開始します。予選開始は、2017年1月すら参加者募集締め切りは、12月31日までですが、JCCAの締め切りは2週間前の12月17日となります。参加料は1000円。

このトーナメントの副賞は、予選、準決勝の1位には商品券、決勝は賞金がそれぞれユーロ換算で与えられます。

商品券は、特定ECショップで買う場合の割引券と思った方がよいでしょう。

例としては、ChessbaseのECショップの商品券みたいなものですね。

参加してみたい、または関心がある方は問い合わせフォーム経由で連絡してみるのもよいかもしれません。

 

19th Africa Asia Zone Individual Championship Preliminaries

11/14に19th Africa Asia Zone Individual Championship Preliminariesの案内がありました。

この案内は第19期アジア・アフリカの地域チャンピオンを決めるための予選です。

第15期までは、日本も参加可能でしたが、第16期からは、日本が含まれている環太平洋のZONE3の地域チャンピオン選手権が再開したこともあり、ZONE4のアジアアフリカのチャンピオン選手権に参加できなくなりました。

第13期の決勝が2016/10に終わり、日本からの大竹栄氏が3位に入り、第14期の決勝Schmidt, Loren R.氏が参加し、現在進行中です。日本が参加した最後の第15期は現在準決勝が進んでいます。

第2期環太平洋のチャンピオン選手権は、来年には始まると思いますので、日本としては、一つでも順位を上げたいところです。