水野優氏訳のチェスクラシックスシリーズ

水野優氏訳のチェスクラシックスシリーズです。

お手頃な価格で定期的に発刊されていますので、初心者を脱したあたりから中級者までよい書籍かと思います。amazonへのリンクを書籍タイトルに貼り付けていますので、購入の場合は、タイトルをクリックしてください。

チェックメイトの技法 (チェス・クラシックス1)

チェックメイトについて323 局面図の解説と80 の問題があります。

まず、終盤の基礎知識から入ることをおすすめします。

実戦的スタディ集 (チェス・クラシックス 2)

スタディ(作局された終盤で白の勝ちかドローになる手順を解答する局面問題)を100題。

161ミニチュア集 (チェス・クラシックス 3)

ミニチュア(通常25手以内に終わったゲーム)を161局

終盤の基礎知識 (チェス・クラシックス 4)

終盤をどう対応するかの基本原則と関連知識を説明しています。基礎として習得する内容です。

いちばん学べる名局集 (チェス・クラシックス 5)

解説付き実戦の棋譜集です。

3手読んで勝つ戦術 (チェス・クラシックス 6)

多くの実例とコンビネーションの分析方法を記載しています。まず原則があり、実例なので、本シリーズでは、4巻の次に読むことを推奨します。

終盤の300題 (チェス・クラシックス 7)

終盤の例題集です。

チェス上達の手引き (チェス・クラシックス 8)

最初に原則が有り、盤面が豊富にちりばめられているため、14の原則をどこで適用してるかを見失わず追っていければ、原則がきちんと身につく書籍です。実戦では、局面を読むときに意識しながらに指すと有効と思います。講義にも有効な書籍です。但し、講師の独自研究での派生手順の紹介を基本方針と合わせてするともっと効果的でしょう。

必勝局面問題集 (チェス・クラシックス 9)

この書籍は、526の問題が、どっと現れます。将棋でいう詰将棋に近いトーンです。問題はすべてメイトになるわけではなく、駒得や優位な局面とする形です。

書籍に、書き込みしながら、回答を考えるとよいでしょう。回答の際には、どういう考え方で、指しているのかメモを取ると身についてくると思います。

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin

Laszlo・ POLGAR 著 “Chess: 5334 Problems, Combinations and Games”

Laszlo・ POLGAR 著 “Chess: 5334 Problems, Combinations and Games” Black Dog & Leventhal Publishers Inc, 200623 x 15.6 x 6 cm 1104pp $21.95 (£10.95)1手詰から始まる問題集。チェスに慣れるには最適。ポルガー3姉妹を育てた著者のあの大冊がついにペーパーバックの縮刷版に。手軽に手にできるようになった。購入は 各洋書店、アマゾンAmazon.co.jpなどで。

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin

Nick de FIRMIAN 著 “Modern Chess Openings, 15th Edition

Nick de FIRMIAN 著 “Modern Chess Openings, 15th Edition” Random House Puzzles & Games, 200822.9 x 15.5 x 4.1 cm 768pp $29.95英語定評ある定跡書。MCO-14版が1999年だから9年ぶりの改訂。購入は 各洋書店、アマゾンAmazon.co.jpなどで。

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin

若島正 編、若島正・原啓介 他訳『モーフィー時計の午前零時』国書刊行会, 2009

若島正 編、若島正・原啓介 他訳『モーフィー時計の午前零時』国書刊行会, 2009Fritz LEIBER, Tim KRABB�・ et al 原著四六判 380pp ハードカバー \2,940(税込)本邦初のチェス小説アンソロジー。訳者の一人原啓介氏は元JCCA会員。序文は小川洋子氏。購入は 各書店、アマゾンAmazon.co.jpなどで。

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin

Ludek PACHMAN 著、小笠誠一 訳『チェス戦略大全(Complete Chess Strategy)』

Ludek PACHMAN 著、小笠誠一 訳『チェス戦略大全(Complete Chess Strategy)』中盤のバイブルといわれたパッハマンの本です。中盤をどう指していけばいいのか、こと細かく丁寧に教えてくれます。全3巻。Lud�・k PACHMAN 著、小笠誠一 訳『チェス戦略大全 I(Complete Chess Strategy I)』評言社, 2008 第1巻「駒(ピース)の活用法」。A5判 270pp ハードカバー \2,310(税込)Lud�・k PACHMAN 著、小笠誠一 訳『チェス戦略大全 II(Complete Chess Strategy II)』評言社, 2010-10 第2巻「ポーンの指し方とセンター」。A5判 288pp ハードカバー \2,310(税込)第3巻「両翼の攻防」は2011年12月に出版予定。詳細は「チェスの本をドンドン出す会」のウェブサイトをご覧ください。正誤表も掲載されています。購入は 各書店、アマゾンAmazon.co.jp(第1巻)、同(第2巻)などで。直接購入もできます。郵便局にて備え付けの振替払込用紙の通信欄に、下記事項を楷書で明記して、代金(一冊につき2,200円)を払い込んでください。 払込先ゆうちょ銀行振替口座、口座番号: 00150-5-556239、加入者名: 小笠誠一 通信欄記入事項、「チェス戦略大全第◯巻 ◯部代金 ◯◯円、”JCCAのサイトで見た”、郵便番号、住所、氏名、電話番号」

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin

小野田博一 著『チェス - 入門から上達まで』有紀書房,

小野田博一 著『チェス - 入門から上達まで』有紀書房, 1994B6判 182pp \935(税込)ICCF IM 小野田博一氏の入門書。ひと味違う入門書です。後々まで楽しめます。本書中に「日本郵便チェス協会」とあるのは現在のJCCAのことです。購入は 各書店、アマゾンAmazon.co.jpなどで。残念ながら出版社で品切れとなったもようです。早く再版されますように。

2015年11月8日 | カテゴリー : 書籍 | 投稿者 : jccaadmin